通話料無料&20GB使えてiPhone11が5,000円以内で使える!

楽天には犠牲になってもらいます…。

 

ここ最近、総務省や政府が携帯料金の値下げにかなり力を入れ、携帯業界は良くも悪くも盛り上がっています。新しい通信キャリアである楽天モバイルの誕生や大手キャリアから格安プランが出たりなど毎月新しい情報が入ってくるようになりました。

各社が負けじとどこよりも安く!とプランを出しているそんな中に発生する抜け穴のような裏技、私見つけちゃいました。

完全にここまで読むと怪しさMaxですが、私はブログのアクセス数を稼ぐためにこの記事を書いていますし私が損する話ではないので記事にしています。裏でお金を貰ったりなどは一切ありませんので安心してください(?)

 

まず結論から言うと、eSIMで楽天モバイルを契約しahamoにて端末込みで契約をすると言う話です。

ただこれだけだと意味不明だと思うので詳細に解説していきますね。

楽天モバイルとは?

画像引用:楽天モバイル


Sponsored Link

楽天モバイルは2018年1月に設立された楽天のモバイル事業になります。最初はMVNO(docomoとauから電波を借りる)として運用していましたが、2020年4月からdocomo、au、SoftBankのような電波の基地局を直接自社で持つMNOとして参入したばかりのMNOとしてはまだ新しい事業です。

まだ参入して1年ほどしか経っていないため電波を発信する基地局が少なく、現時点ではauから電波を借りながら事業を継続しています。

町田市を例に挙げるとまだ楽天モバイルエリア拡大中で一部エリアはまだパートナー回線(au)しか繋がらない

画像引用:楽天モバイル

ポイント
  • 楽天モバイルはMVNOからMNOへ変わったばかりの新しいキャリア
  • 楽天モバイルのエリアは狭いのでエリア外ではauの回線を借りている

ahamoとは?

画像引用:ahamo

ahamo(アハモ)はdocomoの格安プランとして提供されている名称になります。2年ほど前から総務省が携帯料金の値下げを強く要請し、その後菅総理がさらにその件を言及したことにより出来たプランといっても過言ではありません。

個人的に政府が営利企業に口出しするのはどうかな?とは思いますが、まあこの件に関しては政府側とキャリア側の立場になって考察する記事をいずれ別で書きたいと思うので今回はスルーします。

料金は税込2,970円20GBと5分以内の無料通話が利用できます。今までの大手キャリア(docomo、au、SoftBank)だと6,000円ぐらいかかってたと考えるとあり得ないくらい安いです。ちなみに20GBを使い切った場合でも1Mbpsの通信速度で無制限に利用することができます。

(1Mbpsは快適ではないですが、YouTubeの480pに画質を落とせば見れますしWeb閲覧も表示に少し時間がかかるものの利用できます)

ポイント
  • ahamoはdocomoの格安プランの名称
  • 2,970円で5分以内無料通話の20GBデータ通信が利用できる
  • 20GB超過後も1Mbpsの通信速度で無制限に利用できる

楽天モバイルの料金体系は?

まずプランですがRakuten UN-LIMIT Ⅵのみになります。非常にシンプル!

料金に関しては基本料金1GB以内は0円3GB以内は1,07820GB以内は2,178円それ以上の利用は3,278円になります。つまり使わなければ安く、使いすぎても2,980円で利用できるわけで正直破格です。

 

データは楽天モバイルエリアの場合1日10GBの制限はあるものの実質無制限に利用でき、楽天エリア外(借りているau回線利用)の場合は5GBまで利用できます。

仮に楽天エリア外で5GBを使い切った場合でも1Mbpsの通信速度で無制限に利用できます。

(1Mbpsは快適ではないですが、YouTubeの480pに画質を落とせば見れますしWeb閲覧も表示に少し時間がかかるものの利用できます)

ahamoはデータ通信を使っても使わなくても2,970円固定になりますが、楽天モバイルは通信容量1GB以内の場合は通信量がタダ!0円!無料!いやすげぇ。

さらに通話やSMSに関してもRakutenLinkアプリを経由することによって一部対象外の番号を除いて通話料無料という大判振る舞い。いやすげぇ(2回目)

こんなん赤字じゃねえの?と疑問に思ったそこのあなた。はいそうです。現時点では楽天モバイルは設備投資や1年無料(4月7日まででした)キャンペーンを行っていた関係で収益がほとんどなく2020年の決算では約1,000億円の赤字です。

画像引用:楽天

でも安心してください。楽天は楽天市場や楽天カードなどの収益が凄まじく、企業としての資金力はあるのですぐに潰れることはないです。楽天市場強すぎる…。

ポイント
  • 1GBまで0円、3GBまで980円、20GBまで1,980円、それ以降も2,980円ポッキリで利用できる超良心的格安プラン
  • エリアが現時点で狭いのでエリア外ではau回線を利用。5GBまででそれ以降は1Mbpsで使い放題
  • 通話やSMSはRakutenLinkアプリを利用すれば無料
  • 楽天はモバイル事業が足を引っ張っており大赤字だが楽天市場や楽天カードなど他事業が最強なのでモーマンタイ(問題ない)



Sponsored Link

本題

はい、ahamoと楽天モバイルのざっくりした解説は以上にしてタイトル回収をします。

『通話料無料で20GB使えてiPhone11が5,000円以内で使えちゃう時代がくるかも』ですね。

「かも」と濁したのには訳があり、ahamoは私が実機で検証ができていないためです。ただ、理論上は可能なのでどういう風に運用するかを解説します。

(ahamoは契約予定なのでこの理論が証明できればまた報告します。

ahamoを端末契約込みで申し込みする

まずahamoを端末込みの新規申し込みで契約します。ahamoの端末は現時点で3機種が販売予定でありそれが

  • iPhone11 (64GB,128GB,256GB)
  • Xperia 1 Ⅱ
  • Galaxy S20 5G

の三機種になります。

画像引用:ahamo

端末価格に関しての熱い話(話が逸れるので興味ない人は飛ばしてください)

例えばiPhone11(64GB)、AppleStoreの価格を見ると税込71,280円です。これがahamoだといくらになると思います?

49,390円です。49,390円なんです。約2万円引き。

いや、今までも大手3キャリアのクソ高いプランを乗り換えで契約すれば2万円の本体代金割引は普通にありましたが、格安プランであるahamoで新規も含めて(!?)2万円引きは正直衝撃を受けました。これ利益あんの??????

Xperia 1 Ⅱも71,500円だしGalaxyS20に関しても62,700円で購入できます。docomoの本気を感じる・・・。

 

おっと…端末価格で熱くなってしまいました…。ただ、この端末というのは非常に重要で今回のahamoの機種ラインナップは現時点でもハイエンドと呼ばれる性能の高い機種になります。

「私、スマホ使いこなせないから安いのでいいよ」と思う方が多いかもしれませんが、むしろ使いこなしていない方こそハイエンド(高性能)機種を購入すべきだと私は思います。

理由としてはいくつかあります。

  • 長く使っても動作が重くなりづらい
  • 次回機種変更時に高額で売却が可能
  • 全ての動作が軽快なので結果的に時間短縮になり、空いた時間を他で利用できる
  • 動作に関してのストレスが一切ない

このような理由からスマホに詳しくない人こそいい機種を買うべきだと私は思っています。

ahamoを契約した場合の現時点で毎月発生する料金

話がそれましたが、今回はiPhone11の64GBを購入したと仮定しましょう。

画像引用:ahamo

この時点での料金は

ahamo 2,970円

端末分割36回 1,371円

___________

合計 4,341円

この料金で利用することが可能です。

楽天モバイルを契約する

続いて楽天モバイルを契約します。こちらは現時点で利用している契約を乗り換え(MNP)しましょう。

MNPは電話番号をそのまま他社に移行できる便利なサービスだ

楽天モバイルは1GB以内の利用であれば通信料が発生しないので持っていて損が一切ありません。むしろ現時点で契約すると楽天ポイント5,000ポイント貰えるので(2021年4月時点)、契約するだけでポイントがもらえて月々の使用料が使わなければタダと言うわけわからんことになっています。

そして契約時にはSIMの種類を選択することになるので必ずeSIMに設定してください。

画像引用:楽天モバイル

この二つをiPhoneに設定する

  1. ahamoのSIMカードを契約したiPhone11に挿入します。続いて楽天モバイルのeSIMをiPhoneに設定します。(設定方法などは今回の主旨とは外れるのでこの記事では解説しません)
  2. 楽天モバイルをモバイルデータ通信に設定し、ahamoをデフォルトの音声回線に設定します。
  3. AppStoreからRakutenLinkをインストールし、設定を終わらせます。
  4. 最後に楽天モバイルをデフォルトの音声回線に設定し、ahamoをモバイルデータ通信に設定します(2番と逆の設定にする)

結果

電話は楽天からかかってきます。こちらから通話する際もRakutenLinkを経由すれば通話料無料ですし、データ通信はahamoを利用するので楽天モバイルの月々使用料は0円です。毎月費用が発生するのはahamoとiPhone11の本体代金合わせた4,341円だけ。

これがタイトルの『通話料無料で20GB使えてiPhone11が5,000円以内で使えちゃう時代がくるかも。』の全貌になります。ね、理論上は可能でしょ?

ちなみにデュアルSIM対応の機種をすでにお持ちであればわざわざiPhone11を契約しなくても運用は可能です。その場合は楽天モバイルもeSIMではなく通常のSIMで申し込みしましょう。その場合の料金は端末代金がかかりませんので月額2,970円で利用可能になります。

追記(2021年4月24日更新)
ahamoを契約して今回の内容を検証してみました。結果は電話は楽天、モバイルデータ通信はahamoで利用できました。楽天側が何かしら制約をしない限り私はこの運用方法で使っていきたいと思います。

ちなみに、今回の内容は動作保証していませんし今後も継続して運用できるとは限らない(楽天がプランを変更する可能性がある)ので自己責任でお願いします。