iPhone歴7年の私があなたにオススメするiPhone【2020年9月最新版】

iPhone歴7年の私があなたにおすすめするiPhone

昔と違って選択肢が増えました。

 

「Android使っててiPhoneに乗り換えたい」「iPhoneをそろそろ機種変更したい」「今は買い時?」と悩んでいるそこのあなた。iPhone歴7年で購入してきたiPhoneは9台、携帯ショップにて勤務していた時にAppleMasterというApple公式の資格を持っていたこの私が今発売されているiPhoneでどの機種がどの方に適しているのかを具体的に、体験談も含めて紹介させていただきます。

iPhone11Pro

iPhone11Pro

Appleが2019年9月に発表したスマートフォンで、位置付けとしては「Pro」なだけあってAppleのどのモデルよりも価格が高く質感も高く、いわば高級モデルとなっています。他のiPhoneとの違いは、まず画面が有機ELディスプレイという今までの液晶ディスプレイとは違い、素子単体が発光することにより液晶とは違い本物の黒を表現することができたり、黒い画面だと電力を使わないため液晶より省エネなのも強みになります。色の表現も液晶ディスプレイより圧倒的に優れているため、映画などの映像コンテンツを楽しむ場合は圧倒的な差があります。

さらにカメラに望遠レンズが付いています。今までだと遠くを撮る際にデジタルズームでただ画像を広げているだけにすぎないため、どうしても画質が荒くなってしまいました。しかし、望遠レンズが付いていることにより遠くの写真を劣化してしまうデジタルズームではなくそのままの画質で撮影することができます。私は前モデルであるiPhoneXSで望遠レンズを使ったことがありますが、個人的には望遠レンズは結構使います。例えば遠くの鳥を撮りたい際に、近づくと逃げてしまうためズームを使います。そんな時に望遠レンズであれば画質の劣化がなく綺麗に撮影することができます。

そして本体のデザイン。側(がわ)はステンレスを使っていることによりアルミやメッキよりも高級感のある質感になっています。実際に触ってみるとわかりますが、この差は歴然です。

なお、価格は64GBモデルで106,800円となっております。

こちらは所有感を満たしたい、映像コンテンツをiPhoneで楽しみたい、望遠カメラをよく使いたいなどと言った方におすすめの機種となっています。

iPhone11ProMax

これは11Proと全く機能は同じですが、画面の大きさが違います。11Proは5.8インチですが、11ProMaxは6.5インチになっています。画面が大きいことによりゲームは大画面で臨場感を持ってプレイできますし、映画などのコンテンツもタブレット要らずの大画面で楽しむことができます。私は前モデルでXS Maxを使っていましたが、調べるときも大画面で情報量が一度にたくさん表示できますし、YouTubeなどの動画コンテンツも大画面で楽しむことができます。

なお、価格は64GBモデルで119,800円となっております。

こちらは11Proと同じ機能でゲームや映像コンテンツなどをより大画面でまで楽しみたい方におすすめの機種となっております。

iPhone11

これは11Proの廉価版で、11Proよりも価格が抑えられているモデルになります。

11Proと違い望遠レンズが搭載されていません。さらにディスプレイは液晶ディスプレイを搭載しており、筐体もステンレスではなくアルミを使用しています。

逆に望遠レンズが必要なかったり、ディスプレイもそこまでこだわりがなくケースをつけるのでステンレスじゃなくても良いと言う方はこちらでも十分だと思います。

ただ、性能に妥協はなく11Proと同じA13チップを搭載しており、動作速度などは11Proと全く変わりがありません。

実際に私も11を使っていますし、この記事も11で下書きをしました。XS Maxと比べると画面は少し小さい6.1インチですが逆に片手操作が容易になり、ディスプレイに関しても全く不満はありません。比較すると気づきますが、慣れれば別に11でも十分だと思っています。

なお、価格は64GBモデルで74,800円となっております。

こちらは11Proほどの機能はいらないけど、超広角カメラや大画面ディスプレイが良くて、その中でも価格が抑えられている機種が欲しい方におすすめの機種となっております。

iPhoneSE

こちらは今回のどのモデルよりも後に発表された現状最新機種となっております。

こちらは11や11Proと違い、機能など抑え、デザインなども前モデルのiPhone8を流用することにより価格を抑えることができています。

カメラは広角レンズのみとなってますし、ディスプレイは4.7インチで、生体認証は顔認証ではなく指紋認証になっています。

画面が小さいので映像コンテンツやゲームなどの臨場感などは欠けますが、逆に画面が小さいことにより片手操作はどの機種よりも快適にできますし今はあの例の感染症によって感染防止のため外でマスクを着用しますが、顔認証だとロックの解除が出来ません。今現時点では指紋認証の方が都合が良いでしょう。しかも価格が安いのに性能は11や11Proと同じA13チップを搭載しており、動作速度はほぼ変わりありません。それなのに価格は64GBモデルで44,800円とかなりの破格モデルといえるでしょう。

私が知る限り、この性能でこの価格は今日本で発売されているAndroidスマートフォンは無いと思います。

こちらはiPhone11ほどの機能は要らず、ディスプレイは小さくて指紋認証でゲームや普段の動作が快適に遊べれば良いと言う方におすすめの機種となっております。

iPhoneXR

iPhoneXRだけは2018年に発売されたモデルで今回説明するラインナップの中では去年のモデルになります。カメラは一つで、11や11Proと違い超広角カメラが付いておりません。性能もA12チップと1世代前のものになるため重たいゲームなどをする場合は11や11Proとはやはり差が出ます。

しかし、ディスプレイは11と全く同じ6.1インチの大画面で11と同じディスプレイサイズとなっています。

iPhone11のA13チップと比較すると確かに差はありますが、A12チップもかなり性能は高く、重たいゲームでもある程度はサクサク動きます。ましてや普段のLINEやInstagramなどの動作は快適です。

価格はiPhone11よりも抑えられており、64GBモデルで64,800円となっております。

こちらはiPhoneSEの画面サイズでは小さすぎるけど、iPhone11ほどの機能はいらないからその分価格を抑えたいと言う方におすすめの機種となっております。

まとめ

まとめですが、iPhone11Proは「iPhoneの最新機能を全て使いたく、デザインも妥協のないものが欲しい」方向けで、iPhone11ProMaxは「iPhone11Proよりもさらに大画面のスマホが欲しい」方向けです。iPhone11は「iPhone11Proほど機能はいらないけど、超広角カメラや夜景モードなどiPhone11Proの一部機能を使いたく、11Proより価格も抑えたい」方向けで、iPhoneSEは「カメラは普通に撮れれば良く、画面は小さい方が良くて顔認証よりも指紋認証が良い」方向けで、iPhoneXRは「iPhoneSEだと画面が小さいのでそれより大きい画面の機種でそのほかはあまりこだわりがない」方向けになっています。

あなたが普段スマホで何をしているか考えてみてください。カメラをたくさん使って写真にこだわりたければiPhone11Pro/11ProMaxか11のどちらかになりますし、カメラもあまり使わないし片手操作が快適にできる方が良い方はiPhoneSEがおすすめですし、画面が大きい方が良くてこだわりがないから一番安い機種がいいと言う方はiPhoneXRでしょう。

購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です