Wi-Fiのつけ忘れを防止する方法【iOS13以降対応】

Handy

この記事はiPhone、iPadの設定方法になります

 

一度設定すれば安心!

 

皆さんはこんな経験はありませんか?

やらかした人

???ネットが急に遅くなった、なんで?

やらかした人

あ、フリーWi-Fiに自動的につながってるじゃん…Wi-Fi切るか…

−−−Wi-Fiをオンにするのを忘れて自宅で動画を視聴−−−

−−−翌朝−−−

やらかした人

は!?通信制限になってんじゃん!

あ!!Wi-Fiオンにするの忘れてた・・・

 

私はこんな経験が結構ありまして、通信会社から送られてくる通信制限メール(死のメール)がくると無事意気消沈していましたね。

そんな経験がある皆さん(?)に朗報です!iOS13から一度設定さえしてしまえば自宅に近づくと自動的にWi-Fiがオンになる便利な方法がありますので今回はそちらを紹介させていただきたいと思います!

ちなみにお察しの方もいるかもしれませんが「ショートカット」アプリのオートメーション機能を利用します。

 

仕組み

設定をする前にどういった仕組みなのかを簡単に説明させていただきます。

iOS13のショートカット機能ですが、昔はSiriショートカットというアプリでAppStoreにて配信をされていましたがiOS13からはiPhoneやiPadを購入すると最初からインストールされた状態になっています。

さらにiOS13からオートメーションという機能も同時に追加されました。

このオートメーションとはあなたが操作していなくても自動的にiPhoneやiPadが動作を開始してくれる超便利機能になります。

つまり仕組みとしてはこうなります。

 iPhoneがGPSを利用し自宅に近づいたことを感知 

⬇︎

 Wi-Fiをオンにする 

超単純ですよねw

設定方法

STEP.1
ショートカットアプリを開く
まずはショートカットアプリを開きます
ポイント
※iOS13以降もしくはiPadOSが必要になります。アップデート方法はこちら

※アプリが見つからない、もしくは削除してしまった場合はこちらから再度入手してください

STEP.2
続けるをタップ
この表示が出たら続けるをタップしてください

STEP.3
オートメーションをタップする
下のオートメーションをタップしてください

STEP.4
個人用オートメーションを作成する
個人用オートメーションを作成をタップしてください

STEP.5
到着の項目をタップする
旅行の項目内の到着をタップしてください

STEP.6
場所をタップ
場所をタップしてください

STEP.7
表示された項目を許可する
ショートカットに位置情報の利用を許可しますか?が表示されたらAppの使用中は許可をタップしてください

STEP.8
住所の選択、または入力
今現在自宅に今いる場合は現在地をタップし、自宅にいない場合は検索欄にて自宅の住所を手動で入力してください

STEP.9
確認し、完了をタップする
青い円が表示されますので場所が合っていれば完了をタップしてください※こちらの円を広げたり狭めたりすることでWi-Fiをオンにする範囲が設定できます

STEP.10
次へをタップする
次へをタップしてください

STEP.11
アクションを追加する
アクションを追加をタップしてください

STEP.12
検索欄にWi-Fi(ワイファイ)と入力する
検索欄にWi-Fiと入力してください

STEP.13
Wi-Fiを設定の項目をタップする
Wi-Fiを設定をタップします

STEP.14
表示を確認する
W-FiをオンにするになっていればOKです。次へをタップしてください

STEP.15
完了をタップする
完了をタップしてください

これで設定は完了です。おつかれさまでした!

まとめ

これで家に帰っていちいちWi-Fiをオンにしなくてもよくなりますし、Wi-Fiのつけ忘れも無くなります!
このように自動化をうまく活用すれば時間短縮にもなりますし、あなたの生活がより便利になります。
これからも生活が便利になるような機能を今後も随時配信していきますのでお楽しみに!!