iPhoneが古い端末にもアップデートを配信し続ける理由

iPhoneが古い端末にアップデートを配信し続ける理由

 

ちゃんとApple側にもメリットがあるからなんです。

iPhoneを買う理由は様々あると思うが、その一つとしてサポートがあるのではないか?電話対応やショップでの対応はもちろんだが、OSのサポートが非常に長いことも買う理由の一つとしてあるだろう。

AndroidはPixelシリーズを除き、OSのサポート期間がメーカーによって様々だ。それはメーカーがAndroidに独自のチューニングをしているため、Googleが最新のAndroidを配信してもメーカーがそれにチューニングを加えないといけないためなかなか最新のAndroidをすぐに更新することが難しいのだ。そしてメーカーからしたらすでに販売済みで、利益がそれ以上見込めない端末に対してAndroidをチューニングして更新するほどコストをかける理由がないのも事実。

だから格安のAndroid端末とかだと購入して数回しかアップデートがされなかったりするのが現状だ。

そんな中、iPhoneはどうだろうか?iPhoneは今までの最長ではiPhone5sで、なんと5年もOSの更新をサポートしたのだ。iPhone5sが発売されたのが2013年で当時はiOS7が搭載されていた。それから2018年にiOS12が配信されるまでずっとサポートしていたのだ。ここまで長いサポートをしている端末がむしろ珍しい。

しかし、これはAppleにとってメリットがあるのか?と思うがしっかりとメリットはある。Appleはその他のAndroid搭載しているスマホと違い、販売後も確実な利益が得られるのが大きな違いである。

例えばあなたがスマホでゲームの課金をしたとしよう。AndroidでもiPhoneでも我々からしたら全く同じだが、それに対する利益の行き先が大きく違う。Androidの場合は課金をした金額の何割かは「Google」に行く。つまり、そのスマホを作っているメーカーに対しては一円も利益がない。それに対してiPhoneは課金をしたら「Apple」に行く。そう、iPhoneを作っているAppleに利益がいくようになっているのだ。

要するに、Appleからしたら機種を変えずともそのiPhoneで課金さえしてくれればAppleからしたら利益が得られる訳だ。さらにサポート期間が長いと言う事は信用とブランド力の維持にもつながる。その信用とブランド力もあってか、中古市場でもiPhoneは高く取引がされている。中古でもiPhoneを購入して使ってくれればAppleにとってはメリットがしっかりある。Appleは今の市場をしっかりと理解してそれを利益につなげるのが非常に上手い会社である。これでApple「信用されること」に力を入れているのも理解できるだろう。端末が壊れたとか動作がもたついたという理由で機種変更をする際にもまたiPhoneを選んでくれる訳だからなお良い。

ここがiPhoneとAndroidのサポート期間の差である。じゃあ、Androidは全部サポート期間が短いの?と言われるとそれに対しては「違う」と言える。先ほど「Pixelを除き」と言ったが、そのPixelに関してはGoogleが作っている純正Androidであり、アップデートはすぐ行われるしサポート期間も長いだろう。更にはSHARPなどがAQUOSスマホは最低3年間OSアップデートを保証していたり、メーカーを選べばAndroidでも安心して使うことができるだろう。

ただ、これからもサポートが圧倒的に長いのはiPhoneだろうから長く大切に安心して使いたいのであればiPhoneの購入を検討してみてはいかがだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です